座・高円寺 劇場創造アカデミー 公開特別講義/ポストシアター 本当の話を演劇にする方法
2015年5月15日
ベルリンを拠点に、映像を使った演劇/パフォーマンスを発表、クリエイションしている「ポストシアター」の演出家マックス・シューマッハによる特別講義。
[会場] 座高円寺 けいこ場(地下3階)



マックス・シューマッハ特別講義 “the stage as performer” 「パフォーマーとしての舞台/舞台美術を役者として扱う方法」
2013年11月28日
ベルリンを拠点に、映像を使った演劇/パフォーマンスを発表、クリエイションしている「ポストシアター」の演出家マックス・シューマッハによる特別講義。

[会場] 座高円寺 けいこ場2(地下3階)
[出演] マックス・シューマッハー(ドラマトゥルグ
    コーディネーター 飯名尚人



ポストシアター[ new york / berlin / tokyo] 来日トークイベント
2011年2月11日
ベルリンを拠点に、映像を使った演劇/パフォーマンスを発表、クリエイションしている「ポストシアター[ new york / berlin / tokyo] 」のメンバーによるトーク&プレゼンテーションです。新作・新プロジェクトの映像紹介を始め、作品のアイディアや、映像を使った演出について、またドラマトゥルグの役割など、創作に関わるさまざまなお話を伺います。
[会場] 座高円寺 けいこ場2(地下3階)
[出演] マックス・シューマッハー(ドラマトゥルグ)/棚橋洋子(映像作家)
    コーディネーター&司会進行 飯名尚人



第2回ダンスライティングワークショップ
2010年6月~8月
経験豊かな舞踊家と舞台照明家の協力を得て開かれる今回のワークショップは、作品創造の過程を実際に舞台空間の中で体験し、具体的な方法論の発見・向上を目指すものです。舞踊家は光の本質的機能・役割を理解・体験し、照明家のプランメイキングのプロセスを、照明家は舞踊創作の意味・目的・創造の本質を知る場として、舞踊家と舞台照明家それぞれの方法的な向上を、協同作業の過程から構成します。振付家、舞踊家、照明家、それを目指す人たち、そして舞踊に関係するすべての人たちを対象にしたワークショップです。是非ご参加ください。

主催:株式会社シービーシーメソッド
共催:ダンスカフェ
助成:文化庁
後援:社団法人日本照明家協会



第1回恵比寿映像祭
2009年2月28日(土)14:00~
[会場]東京都写真美術館
「ダンスと映像」にはダンスをモチーフにした映像作品「ヴィデオ・ダンス」と、舞台作品の中で映像を使う「メディア・パフォーマンス」という2つのアプローチがある。このトーク・セッションでは、Dance and Media Japanとベルリンを拠点に活動するポストシアターが、豊富な映像資料の上映を交えながら、「DMJ国際ダンス映像祭」、「各国のビデオダンス祭事情」、そして「メディア・パフォーマンス」についてを紹介。さらに、「パフォーマーとしての映像」と題し、インターネット動画配信を利用したパフォーマンス作品《ナポレオンD》、《ファイトクラブ》などポストシアターの新作に関した映像プレゼンテーションを行う。
http://www.yebizo.com/


イスラエルダンス・トーク
2008年2月1日
イスラエルダンスを映像で紹介
[会場]横浜ザイム
[出演]乗越たかお、鞍掛綾子、飯名尚人、内田由紀


Cultural Mix ドイツ・ジャーナリスト・ツアー報告会
2006年7月2日
[会場]スタジオ蕨「鉄線」


Cultural Mix from Tokyo
インドネシア・ジャカルタ "danc(E)motion"
2005年3月10日〜13日
[会場]Gedung Kesenian Jakarta
[主催]TARI Indonesia


Cultural Mix from Tokyo 韓国・ソウル
2004年11月23日-25日
[会場]アートセンターnabi、HAJAセンター、IDAS
[主催]アートセンターnabi、HAJAセンター、IDAS


Cultural Mix from Tokyo フランス・パリ
パリ日本文化会館・海外文化週間参加
2004年10月1日-2日
[会場]パリ日本文化会館
[主催]Dance and Meida Japan、日本文化会館