← Back 戻る


飯名尚人
naoto iina
director



映像作家、演出家。舞台とメディアのための組織Dance and Media Japanを設立後、メディアテクノロジーとダンスを中心に、海外からメディアアーティストの招聘プロジェクトを多数行う。プロデューサーとしてアートパーティー「マムシュカ」「国際ダンス映画祭」、「ポストシアター」などを手がけた。
映像作家としての参加は、佐藤信作品「The Sprits Play/霊戯」「リア」、小池博史作品「風の又三郎」「世界会議」「2030世界表漂流」、川口隆夫作品「パーフェクトライフ 6」、タケヤアケミ「レモニズム x ジャポニズム」、東京演劇アンサンブル+イエスシアター(パレスチナ)「ミラー」他。
脚本・映画監督としての参加は、八戸・南郷でのダンス&コミュニティー映画「鳩祭」(北村成美ほか)「あなたとわたし、ワルツ」(セレノグラフィカほか)、「手のひらからマウンテン」(ヤミーダンスほか)、「ラブヴァイブレーション」(鈴木ユキオほか)。
ドラマトゥルクでの参加は、川口隆夫作品「大野一雄について」「パーフェクトライフ 6」他。
舞台演出作品として、「ASYL・アジール」(西松布咏、寺田みさこ出演)「忍ばずの女」(西松布咏、大野慶人、花柳千寿文ほか)、「熱風」(平野正樹、笛田宇一郎、川口隆夫、ノーラ・チッポムレ、Shinbow)ほか。
大野一雄舞踏研究所と共に「大野一雄ビデオアーカイブ」「洋舞インタビュー」のアーカイブシステム構築を手掛ける。

 東京造形大学 特任教授
 京都精華大学 非常勤講師
 座・高円寺劇場創造アカデミー講師


Director, video artist. Aiming at linking the performing arts and media arts, Iina has established Dance and Media Japan to produce many projects combining media technology with dance inviting artists from overseas such as Mamuska art party from Ireland, the International Dance Film Festival, and the Post Theater from Germany among others. Iina’s work covers a wide range from video artist to theater director, dramatug and producer. As video artist, he has worked for The Spirit Play and King Lear, both directed by Sato Makoto, and Kawaguchi Takao’s a perfect life, and as dramaturge for Kawaguchi’s About Kazuo Ohno. He has directed ASYL combining film, music and dance starring Nishimatsu Fuei and Terada Misako; and Shinobazu no Onna [Hidden Woman] starring Nishimatsu Fuei and Ohno Yoshito, among many others.

 lecture:
 Tokyo Zokei University
 Kyoto Seika University
 Za Koenji Academy